「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2009年07月31日

fedora6のアップデート

今日、余っていたPCにfedora6を入れてyumでアップデートをしようと思ったのだけど、yum用のミラーサーバで生きているのが見つからない。
ぐぐってみたけど、ちょっとわからなかった。
仕方が無いから、後日fedora11でも落として入れようと思います。

posted by kafuca at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットに繋がる環境について

今までネットに繋がる環境が無く、NTTに連絡をして、待つこと3ヶ月。やっとネットに繋がりました。

その期間、ネット断ちをしたことはなく、どうなることかと思いましたが、そこまで大きな影響も無かったように感じます。
現在、ネットが絶対必要な状況ではないため、ケータイやネカフェやで事足りてしまいました。

ただ、それは情報を集めるだけの話。

何かしら自分で発信するということにおいて、まだまだケータイは弱いかもしれない。
新しい世界を見つける、飛び込むというのはケータイではかなり難しい。
それが影響しているのか、発信するのは小さいものばかりになってしまう。
小さい情報を否定するわけではないけど、そういう小さいものしか発信できないというのは、これだけネットが発達した現在では不利かな。

久しぶりでまとまりがないですが、これだけネットが発達してても、ただ生きていく分には必要ではないかもしれない、と思いました。

posted by kafuca at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

ネットでは、なぜ愛国心が芽生えるか

インターネット上では、愛国心を持ちやすいと思います。
愛国心を感じる人が少ないと言われる日本人ですら、インターネット上では日本が好きだという人を簡単に見つける事ができます。
また、その他の国で考えてみても、自分の国が好きだという人は結構な数がいるのではないでしょうか。

それはなぜか、いくつか理由は考えられますが、その一つが、インターネット上では自分の拠り所とするものアインデンティティとするものが少ない、からではないでしょうか。
少し検索すれば、他の国のホームページを閲覧でき、自分と関係の無い情報にも大量に触れることができます。
そういう情報過多で実体の掴みにくい環境では、現実世界のように、自分の立ち位置をはっきりさせるのが非常に難しいです。
そのため、拠り所とするものが、趣味や動画などによるコミュニティによって、自分の発言などから、自分の位置を決めていくものなのだと思います。
この拠り所の一つが、愛国心なのではないでしょうか。

つまり、インターネット上の愛国心というのは、一つのコミュニティなのだと思います。
mixiのように馴れ合いも必要なく、ニコニコ動画のように動画に時間をかけることなく、自分の国が好きだ、というだけで自分の個性を主張でき、かつ仲間も多い。
こんな手軽なコミュニティは、なかなかありません。

はてななどでは、モテや非モテという言葉がありますが、それに近いものだと思います。

posted by kafuca at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

大人と子どものニコニコ動画の楽しみ方の違い

ニコニコ動画には、二つの楽しみ方があると思います。

一つは、動画自体の面白さに楽しみを見つけるというもの。
もう一つは、動画を起点として始まるコミュニケーションに楽しみを見つけるというもの。

動画自体を楽しむというのは、比較的に年齢が若い人たちに多いのではないでしょうか?
若い人たちは、学校という強力なコミュニケーションの場があります。
その人たちにとって、ニコニコ動画は学校でのコミュニケーションの種となるものであり、ニコニコ動画でコミュニケーションを楽しむということに必要性はあまりないのだと思います。

コミュニケーションを楽しむというのは、成人しているけれど中年とまではいかない人に多いと思います。
多くの人が働いている年齢で、学校のような強力なコミュニケーションを取れる場は多くは無いです。
学校のような強いつながりの中で過ごしてきてると、社会に出て人との私的なつながりに渇望するようになります。
そうすると、ニコニコ動画などの一体感を感じれるサービスに楽しみを感じるようになってくると思います。

ニコニコ動画の、動画の楽しみと一体感の楽しみ、この2つの楽しみを併せ持つようなサービスは強いと思います。


大人と子どもの定義も微妙ですが、そこらへんは感覚で。。
posted by kafuca at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

ニコニコ動画から学ぶ映画館の新料金システムの提案

ニコニコ動画は、単純に「動画を楽しむ」というだけでなく、本当にたくさんの楽しみ方があります。
自分で動画を発信したり、コメント職人の技術に関心したり、祭りに参加したり、と、動画共有という基盤から、いくつもの楽しみを探すことができます。

その楽しみの一つにあるのが、「掘り出しものの発掘」ではないでしょうか?

まだ誰にも見つけられていない名作を探して、何時間もニコニコ動画に入り浸る人は結構な数がいるのではないかと思います。
(これは、人気の動画にアクセスしやすいのはもちろんのこと、それ以外のマイナーな動画への導線がそれなりに機能している結果からだと思います。)

「もっと評価されるべき」タグをつける瞬間、再生もコメントも少ないのに質の高い作品を見つけた瞬間というのは、大きな喜びです。


ここに新しい映画館の料金システムへのヒントがあると思います。

システムとしては単純なもので、最初に入場した人をもっとも安くして、後の方に入場した人ほど料金が高くなる、というものです。

始めの人に広告塔になってもらうため、安い金額で見てもらいます。
良い映画だという情報が入れば、安い最初の方に人が殺到するでしょう。
さらに良い映画なら、多少金額が高くても、入る人はいるでしょう。

マイナーな良作を探すことを趣味にする人は多いと思います。
このシステムは、そういう楽しみを得る機会を増やせそうな気がします。
良くも悪くも流されやすい日本の国民性には、ピッタリくるのかなとも思います。


ただ、このシステムは問題点が多そうなので、実際にやるとすると課題は多そうです。
問題点
・劇場で公開している映画の本数が少ない
・不公平感
・どこかの映画館が単体でやっても意味が無い
他にも色々あると思います。


個人的には、映画館じゃなくて、音楽配信とか動画配信とか漫画配信とかでこういうシステムが出ないかなと思います。
音楽配信は、どっかで聞いたことがあったような・・・。
posted by kafuca at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

新しい習慣を身に付ける7つの工夫

習慣を付ける時に心がけていること、7つ。


トリガーを習慣にする
例えば、毎日歯磨きをすることを習慣にしたいのであれば、「歯磨きをする」ことを習慣にするのではなく、その行為の最初の部分である「洗面所に行く」や、「歯ブラシを取る」ことを実行することから始めましょう。
「歯磨きをする」ことより、「洗面所に行く」だけのことのほうが心理的な負担が減ります。細かく小さく考えることで、それは簡単なことなんだと思うことが出来ます。


やる気は取っておく
習慣付けることを目標に立てたその瞬間は、とてもやる気に溢れています。でも、それは使い切らないように注意しなくてはなりません。
初日から気合を入れて10分も歯を磨いたりして満足してしまうと、次の日にはやる気が減ってしまいます。
「まだ続けたい」という気持ちが残る程度でやめておいて、満足感を感じてしまうほど行うことはやめましょう。
習慣は、満足を感じるものではありません。


結果はすぐに確認する
結果が見えない段階で習慣をつけるのは非常に難しいといえます。自分がなぜこれを行っているかが、わからなくなってしまうからです。
「歯磨きをした後に鏡でキレイになった歯を確認する」など、少しでも成果を確認しましょう。
ただ、その確認が足かせにならないように、ほんの僅かな変化を感じるぐらいの、簡単なものにしましょう。


生理現象や、もう習慣になっているものに結びつける
寝る前にトイレに行く人は、トイレに歯ブラシを置いておけば嫌でも、歯ブラシが目に付くでしょう。
トイレ以外にも、パソコンの前に歯ブラシを置いておく、ベッドのスタンド近くに歯ブラシを置いておく、など、生活の流れの中にきっかけを作る事でより、新しい習慣も身につきやすくなります。


同じ時間帯に実行する
必ず時間帯をそろえましょう。朝食前、昼食時、トイレタイム、帰宅時、就寝時など、時間ではなく、時間帯で考えます。
寝る前に、初日は帰宅時、二日目は夕食後、三日目は就寝前、というバラバラの時間帯では習慣は身につきにくいでしょう。
就寝前なら就寝前、昼食時なら昼食時と、生活のリズムに合わせて習慣は身につきます。


少し続いたら意識することをやめる
意識しているうちは習慣ではありません。
少し続いたなと感じたら、「やろう」とか「頑張ろう」とか考えるのをやめてみましょう。
少しづつ意識をしないように、やる気を減らすようにして、それを生活の一部になるようにしましょう。


振り返る
たまに振り返ってみましょう。
記録を見たりする必要は無いです。どれくらい続いたかな、いつからやってたっけかな、と考えるだけでいいと思います。
振り返った時に、結構続いてるなと感じれば、それが大きな自信になるはずです。
その自信や達成感が新しい習慣を作る、最初のやる気になると思います。
posted by kafuca at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

SNSと連携したJOYSOUNDが熱い

私はカラオケが好きで良く行くのですが、最近のお気に入りはJOYSOUNDです。

JOYSOUNDは2006年から、カラオケの採点機能などと連動したうたスキというSNSを始めました。
開始当初は対応しているお店などは結構少なく知名度もそこまで高くなかったように思います。
ですが、最近ではだいぶ普及率もあがってきたように思います。私も知ったのはここ半年ぐらいです。都市部などでは、もっと普及が早かったのでしょうか。

うたスキには、カラオケと連動した色々な機能があります。

便利なのが、履歴機能とマイうたです。
これは自分が歌った曲の履歴が残る機能と、自分だけの歌本を作るという機能です。かなり便利。

他にも、mixiのマイミクやコミュニティみたいな機能もあります。


その中で一番面白いのが、全国採点機能です。
まぁただの採点なのですが、面白いのがリアルタイムで自分の順位がわかることです。
歌ってる最中に「現在○○位以内。○○位の人は誰で○○点です。」というような表示が出るのです。
これは、ちょっと燃えます。

取った点数は、PCサイトにログインすることで、見れます。
誰が歌ってるのか、平均は何点ぐらいなのか、他にどういう曲が歌われるのか、気になるものが色々わかります。
もちろんカラオケ中も、キョクNAVIを使えばわかります。


さらに、曲のリクエストなども出来ます。
これは前からある機能だと思いますが、曲のリクエストのエントリー自体はどんな曲でもできます。
流れとしては、
1.自分の好きな曲で入ってない曲をエントリーする。
2.それについて、入曲可能かチェックし、交渉する。
3.リクエスト表に載る。
4.毎月上位200曲が配信
という形です。
例えば、最近流行のニコニコ動画で気になる曲があったりすれば、ここにエントリーすることも可能です。
初音ミク関連などは調べて見ると、結構入曲交渉中だったりします。
個人的には、思い出は億千万という曲が入って欲しいですが、現在交渉中のようで。


他にも色々細かい機能がたくさんあるのですが、面白いと思った点はこんな感じです。
このカラオケを楽しくするための、たくさんの細かい機能が良いと思います。
今まではDAMを使うことが多かったですが、最近はちょっとJOYにはまってます。

みなさんもぜひ試してみてください。

ただ、お店によっては機械が無かったりするかもしれません。


↓参考サイト

うたスキ・カラオケ・ポケメロ|JOYSOUND.com
http://joysound.com/ex/index.htm

JOYSOUND - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/JOYSOUND
posted by kafuca at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

DVDが再生できるようになるフリーのコーデック「GPL MPEG-2 Decoder」

パソコンでDVDを再生するには、二つのものが必要です。

まず一つが、再生ソフト。例えば、WindowsMediaPlayerやPowerDVDなどのソフトです。

そして、もう一つがコーデックというものです。
これは、DVDに収められているデータを視聴できるように復元するソフトで、再生ソフトがあってもコーデックが無いとDVDは見れません。

多くの人は、パソコンを買ったときにコーデック付きの再生ソフトがついていて、何も考えずにDVDの再生ができます。
でも、そういったソフトが付いていなかった場合、コーデック付きのソフトは、ほとんどが有料なので、お金を出さないとなかなか手に入りません。


そこで、出番なのがこの無料で使える「GPL MPEG-2 Decoder」です。

ダウンロードはこちらから。(MpegDecoder012.msiからダウンロードできます
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=98765&package_id=105790

ダウンロードしたファイルを実行するだけで、DVDに使われているMPEG2に対応したコーデックがインストールされるので、WindowsMediaPlayerなどでもDVDが再生できるようになります。

もし、コーデックが無くてDVDが再生できない場合などはお試しください。

ただ、元々MPEG2に対応するコーデックが入っていると、正しく動作しなくなる場合もありますので、元々コーデックが入ってる方は元から入っているものをアンインストールしてから使った方がよいそうです。


こちらのページに解説があります。

フリーのMPEG2コーデック 「GPL MPEG-2 Decoder」
http://www.area61.net/mpeg2.html


コーデックについては、おなじみのWikipedia

コーデック - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF
posted by kafuca at 00:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

車椅子用スロープ付の福祉車両を見てきました

今日は、車椅子に乗ったまま、スロープを使って搭乗できる車を見る機会があったので、ちょっとレポート。写真撮ってくればよかった。


一通り見て思ったのは、全ての車両は手動車椅子に合わせて作られているのだということです。
スロープの幅、床の溝、天井の高さや車椅子固定用のベルトの位置など、一般的な大きさの車椅子に合わせてあるので、カスタマイズされた車椅子や電動車椅子に合う車を見つけるのは、厳しいといえます。
小さい分には何とかなりますが、一回り車輪の幅が広かったり、高さがあったりすると、搭乗するだけでかなり消耗します。乗ってからもベルトの位置によっては上手く固定できなかったり、道路の段差を上る時に頭をぶつけてしまったりということになってしまいます。
そうなると、サイズが大きい車椅子や電動車椅子の場合は、ワゴンやワンボックス以上の大きさの車種に限られてしまうということです。


トヨタではシエンタとアルファードを、見せていただきましたが、シエンタの場合は、先に述べたような問題が起こります。


シエンタ
http://toyota.jp/welcab/sienta/index.html
シエンタは小型のミニバンなため、まず天井の高さが足りません。スロープの幅も結構狭いです。
一般的な車椅子なら良いですが、それより大きくなってしまうと、スペースがきつくなってしまったり、乗れなかったりします。
シエンタは、一般的な手動車椅子用といえるでしょう。


アルファード
アルファードは、シエンタよりだいぶ大きいため、シエンタよりだいぶ余裕があります。ただ、アルファードはフルモデルチェンジが近いため、現在スロープ付福祉車両の受注は受け付けてないとのことです。
ただ、車内のスペースは広いのですが、スロープの幅がシエンタとあまり変わらなかったです。

それよりも一番の問題はスロープをしまう時の振動です。スロープを使う時は車高が下がり、しまうと車高が元の高さに戻るのですが、その瞬間の振動が結構大きい。乗らないで外から眺めていても、車の振動がわかるぐらいの大きさです。
ですので、例えば心臓が弱い方などは、試乗するのもおすすめできません。


ハイエース
http://toyota.jp/welcab/hiace/index.html
ハイエースも見せてもらおうと思いましたが、ハイエースはリフト型しかなかったので、あまり見ませんでした。



日産ではキューブとセレナを見せていただきました。


キューブ
http://lv.nissan.co.jp/LVCAR/CUBE/SLOPETYP/index.html
キューブの場合は、やはり先に述べたような問題が起こります。
車自体が小さいため、天井の高さや車幅に余裕がありません。
やはり、カスタマイズされた車椅子や電動車椅子の場合は、難しいといえます。


セレナ
http://lv.nissan.co.jp/LVCAR/SERENA/SLOPETYP/index.html
セレナは、今回見た中では結構ポイントが高いと思います。

まず、スロープの幅が広い。
そのため、搭乗時や降車時に、車椅子の搭乗者も介護者も余裕ができます。
車が主要な移動手段で毎日乗ったりする場合、乗り降りの負担が少ないのは大きなポイントです。
また、天井も高く、床も広い。そのため、手動の車椅子ならほとんどが搭乗できると思います。バッテリーがあったり、タイヤの幅が広い電動車椅子も、ほとんどが搭乗できると思います。

床も広く天井も高いので、リクライニング付きの車椅子などでも車内でリクライニングが使えます。これは大きいです。
長時間のドライブでも、車内でリクライニングを使って休憩できれば、体の弱い方でも、少し行動範囲が広がると思います。

アルファードでは、スロープをしまう時にあった振動も、セレナでは見られませんでした。



一通り見て、価格を聞いたところ、小型のシエンタやキューブだと200万から250万くらい。
それより大きいアルファードやセレナだと、350万から450万くらいだそうです。
オプションなどによっても変わりますが、定価がこれぐらいだそうです。

また、基本的に受注生産のため、発注から納車まで2ヶ月ぐらいかかってしまうとのことです。
すぐ欲しいといっても、やっぱり時間がかかってしまいます。


今回は軽く見てまわっただけですが、車椅子を乗せるられる車は、結構たくさん種類があるなと思いました。
でも、やはり電動車椅子が乗るような車はまだまだ少ないです。今回は、トヨタと日産しかまわってませんが、他の会社に行っても選択肢はそこまで多くないと思います。
今回で言えば、「電動車椅子が乗る車」という条件を課すと、アルファードかセレナしかありません。
一般車に比べて、需要が多いものではありませんが、もう少し選択肢が増えて欲しいなとも思いました。
posted by kafuca at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

2月のページビュー 自分で驚きの3000越え

2月中はブログを続けて書いてみようと思い、約1ヶ月ブログを書き続けました。

そうしたら、ページビューが3000行ったそうです。


これは自分でも驚きです。
このブログは、ブログとしては、だいぶ小さい部類だと思います。
それでも、月に3000ページビュー。
seesaaのアクセス解析によると、訪問者も900人きているとのことです。

私はブログ初心者ですし、正直このブログの内容もそこまで濃くはないと思います。(この辺は今後改善していきたいです。)


なぜここまでの数字が行くのか。
やはり、ブログにはたくさんのアクセス手段があるからだと思います。

各種ランキング、検索エンジンとの相性、ping、トラックバック、SBM、自動リンクなど、通常の日記CGIや手動でのHTMLの更新などに比べて、格段にアクセスを集めやすい。

そのため、極小ブログでも初心者としては嬉しい3000というアクセスを集める事が出来たのだと思います。


ただ、ページビューの多さと、訪問者の満足は必ずしも比例しているわけではないと思います。

これから先、訪問者が増えるかどうかはわかりませんが、訪れてくれた人、読んでくれている人が納得してくれる、満足してくれる記事を提供する、提供できるようにすることが、このブログの課題だと思います。


数字を見てちょっとやる気が出たので、頑張ろうと思いました。
posted by kafuca at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。