「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2012年08月27日

マスコミの偏向報道に対するネットの反応について

こんにちは。

毎日、色々なニュースがありますね。
最近、特に目に付く話題は、韓国関連のものが多いかな、と思います。

この韓国関連の話題ですが、非常に扱いが難しいものだと思います。

僕みたいな個人ならまだしも、スポンサーや政界、関連会社、視聴者などたくさんの関係者を持つマスコミは、少しでもズレた報道を行うととても目立ちます。
最近は、ブログやSNS、ツイッターなどの台東でマスコミに対する個人の意見を広く目にすることも出来るようにもなり、そういう意味でマスコミは以前よりも注目されていると思います。


そんな中で僕が思うのは、みんなのマスコミへの期待がとても高い、ということです。

昨今の韓国の話題のように、誰にとっても納得のいく報道をするのは難しいニュースに対して、ツイッターなどでは個人からたくさんの意見が見られます。
特に、マスコミが偏った報道をしようものなら、直ちに槍玉にあげられ、どこが何に対してどういった報道をしたのかがすぐに広まります。

そういう時に、マスコミがそんな事をしていいのか、とか、何を考えてるんだ、とか、ふざけるな、ありえない、と言った類の意見をよく見かけます。

これらの言葉は、失望した時に出る言葉だと思います。
つまり、元々マスコミに対して高い信頼を持っていた人が、裏切りに近いものを感じて言ってしまう言葉だと思います。

たくさんの人が声を荒げて批判をしているのも、マスコミへの期待の裏返しなんです。

人々の期待に答えるニュースだけを流すというのは違いますが、信頼に応える報道の仕方はあると思います。

今までと違う局面で、今までと同じ事をしていて評価されるわけがなく、まさしくターニングポイントかなと思います。


マスコミの偏向報道があるの前よりめっちゃ目立つし、マスゴミだの、ネット以下だの言われるけど、それはなんだかんだで心の奥にマスコミを信頼する何かがあるからだよ、って話。

個人的には、テレビや新聞から離れてる期間が長い人ほど、偏向ほどへの反応が淡白なイメージ。
posted by kafuca at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

ニコニコ大会議とか、ひろゆき氏の意見とか

先日ニコニコ大会議があったみたいですね。
それと関連してなのか、たまたまの不運なのか、同じタイミングでプレミアム会員向けサービスで不具合が出たとか。

僕もニコニコ動画のプレミアム会員になって数年経ちますが、最近は入った頃と雰囲気が違うようで、ほとんど利用していません。

それは置いておいて、そのニコニコ大会議について、ひろゆき氏が色々言ってますね。

ニコニコ動画が曲がり角な件 : ひろゆき@オープンSNS
http://hiro.asks.jp/76315.html

この意見、とても正統派なものだと思います。
どんな奇抜な一手を打つにしても、この基本的な部分を忘れてしまうと成功するのは難しいです。


ニコニコ動画を利用してる人にとって、ニコニコ大会議っていうのは、あくまでもおまけですよね。ニコニコ大会議に参加したくて、ニコニコを利用してるって人はほとんどいないと思います。
なぜなら、ニコニコ大会議は普段のニコニコをちゃんと使ってるからこそ楽しめるはずのコンテンツだからです。

ニコニコ動画関連のサービスは、使えば使うほど楽しめるものばかりです。
ニコニコ動画を使って、MADやコメント、Pを知れば、楽しめる動画が増えます。
ニコ生も、同じように生主との絡みなど、どんどんのめり込む事ができます。
他のサービスも基本的には、似たような特性を持ってます。
内輪ネタを楽しむというか、同じクラスの友人たちと話すような感じの。


そういうサービスで重要なのは、「日常性」。
いつでも、どこでも、変わらず続いていくような。
だから、重要なのは、イベントじゃないんですよね。
普段から、違和感無く使えて、イベントで結束する。
そうしないと、ニコニコ大会議なんてイベントも、先生達だけ張り切ってる運動会になってしまいますよね。


誰の為の、何の為の運動会なのかって事を、ちゃんと先生たちとがわかってないと、当の生徒たちは愛想つかせちゃいます。


僕は、ニコニコ大会議に参加してないので言うだけですけど。

今回の件に限らず、最近この辺りの基本を忘れちゃってる偉い人たちってそこかしこにいますけど、大丈夫何でしょうか。
posted by kafuca at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

出来る人になるための2つの考え

世の中には、すごい人がたくさんいます。仕事が出来る人、発想力にすぐれた人、何でもテキパキこなしてしまう人。

それなのに、「なんで自分は…」と思う事はたくさんありますよね。
そんな人は、次の点に目を向けてください。

続きを読む
posted by kafuca at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

新しい習慣を身に付ける7つの工夫

習慣を付ける時に心がけていること、7つ。


トリガーを習慣にする
例えば、毎日歯磨きをすることを習慣にしたいのであれば、「歯磨きをする」ことを習慣にするのではなく、その行為の最初の部分である「洗面所に行く」や、「歯ブラシを取る」ことを実行することから始めましょう。
「歯磨きをする」ことより、「洗面所に行く」だけのことのほうが心理的な負担が減ります。細かく小さく考えることで、それは簡単なことなんだと思うことが出来ます。


やる気は取っておく
習慣付けることを目標に立てたその瞬間は、とてもやる気に溢れています。でも、それは使い切らないように注意しなくてはなりません。
初日から気合を入れて10分も歯を磨いたりして満足してしまうと、次の日にはやる気が減ってしまいます。
「まだ続けたい」という気持ちが残る程度でやめておいて、満足感を感じてしまうほど行うことはやめましょう。
習慣は、満足を感じるものではありません。


結果はすぐに確認する
結果が見えない段階で習慣をつけるのは非常に難しいといえます。自分がなぜこれを行っているかが、わからなくなってしまうからです。
「歯磨きをした後に鏡でキレイになった歯を確認する」など、少しでも成果を確認しましょう。
ただ、その確認が足かせにならないように、ほんの僅かな変化を感じるぐらいの、簡単なものにしましょう。


生理現象や、もう習慣になっているものに結びつける
寝る前にトイレに行く人は、トイレに歯ブラシを置いておけば嫌でも、歯ブラシが目に付くでしょう。
トイレ以外にも、パソコンの前に歯ブラシを置いておく、ベッドのスタンド近くに歯ブラシを置いておく、など、生活の流れの中にきっかけを作る事でより、新しい習慣も身につきやすくなります。


同じ時間帯に実行する
必ず時間帯をそろえましょう。朝食前、昼食時、トイレタイム、帰宅時、就寝時など、時間ではなく、時間帯で考えます。
寝る前に、初日は帰宅時、二日目は夕食後、三日目は就寝前、というバラバラの時間帯では習慣は身につきにくいでしょう。
就寝前なら就寝前、昼食時なら昼食時と、生活のリズムに合わせて習慣は身につきます。


少し続いたら意識することをやめる
意識しているうちは習慣ではありません。
少し続いたなと感じたら、「やろう」とか「頑張ろう」とか考えるのをやめてみましょう。
少しづつ意識をしないように、やる気を減らすようにして、それを生活の一部になるようにしましょう。


振り返る
たまに振り返ってみましょう。
記録を見たりする必要は無いです。どれくらい続いたかな、いつからやってたっけかな、と考えるだけでいいと思います。
振り返った時に、結構続いてるなと感じれば、それが大きな自信になるはずです。
その自信や達成感が新しい習慣を作る、最初のやる気になると思います。
posted by kafuca at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

匿名で書いて、後から名乗り出る

インターネットには、色々な場面で匿名で発言できる場所があります。

2ちゃんねるなどの掲示板や、はてなの匿名ダイアリーなどです。


そのような場所で、発言して、それが思いのほか傑作で、まわりの評価も得られた時、「発言したのは私だ」と名乗り出たくなる時がありませんか。

私はあります。


最初から、匿名で発言するな、って意見があるでしょう。
でも、ブログとかHPとか、自分の発言できる場所を持っている人って、そこまで多くはないと思います。

多くの人にとって、ブログはめんどくさいものです。
恒常的に発言できる場所ではなくて、思った時に一言言いたい場所が欲しいのです。


そこで、2ちゃんねるや匿名ダイアリーの出番です。

匿名でエントリーを書くのは気がとても楽です。
炎上する危険もないし、特定される危険も無い。だからこそ、良いものが書けてしまう。


いくつか評判の良いエントリーを書くと、ブログでも書きたいな、と思う。
でも、今まで匿名で書いたものは、そのブログやブロガーの評価にはならない。
だから、匿名で書いたものに名乗り出たい、と思う。


でも、匿名で書いたものに対して、後から名乗り出るっていう風潮は、無いですよね。

名乗り出るのはタブー、という暗黙のルールが出来てる気がする。


匿名でいいものを書ける人は、ブログとか書いても良いものが書けると思うんですよ。
匿名より、ブログとかの拠り所があったほうがコミュニケーションも取りやすい。(その辺がめんどくさい所以ですが。)


私は、

匿名で名を上げる

ブログ作る

あの匿名の記事は私だ、と名乗り出る

周り「おっ、それは興味あるぞ」

ブログアクセスアップ

それを見た人が・・・

っていう流れがあってもいいと思ってます。


匿名だけで発言してる人も、ブログを持つ、っていう選択肢を検討してもらいたいなぁって思う。
posted by kafuca at 02:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理系・文系の二分化にうんざり

「私は理系だから、○○なの」
「僕は文系だから、○○だよ」

っていうのには、そろそろ飽きてきました。

日本人が好きな血液型占いとかの括りと同じように感じます。

学部が○○だったから理系、○○が得意だから文系、って根拠に乏しいような気がしませんか?


理系文系って自分を括ってしまうのは、自分のアイデンティティを狭めているような気がします。


あなたが○○なのは、あなたが理系や文系なのではなくて、あなたがそういう人だからだと思います。

あなたが今まで作り上げてきたものがあって、それであなたにそういう傾向や能力があって、○○なのだと思います。


理系文系という括りに頼らないで、自分を主張できるようになりたいなぁと思います。
posted by kafuca at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

道具があっても、良いものは作れない

満足いくものを作るというのは、本当に難しい。

人に見られて恥ずかしくないレベルのものを作るのは難しい。
誰にも見せないにしても、自分で満足できるレベルのものを作るというのも難しい。


でも、自分があまり詳しくない分野だと、すごいものでもあまりすごさを感じないんですよね。


作曲のソフトがあってもいいメロディは作れないし、イラストレーターがあってもいい絵は描けない。
vi使ってもいいコードは書けないし、ブログがあってもいい文章は作れないんですよね。


私はブログを書き始めたばかりではありますが、評価されるような記事を書くのは難しい。というより、無理です。

誰でも始められるブログだからこそ、経験とか心構えとかの差が大きいなぁと感じます。
posted by kafuca at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。