「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2010年08月08日

財産の半分を寄付するって?

ゲイツとバフェットの音頭で富豪約40人が財産半分寄附を宣言! : ギズモード・ジャパン



続きを読む
posted by kafuca at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

SNSと連携したJOYSOUNDが熱い

私はカラオケが好きで良く行くのですが、最近のお気に入りはJOYSOUNDです。

JOYSOUNDは2006年から、カラオケの採点機能などと連動したうたスキというSNSを始めました。
開始当初は対応しているお店などは結構少なく知名度もそこまで高くなかったように思います。
ですが、最近ではだいぶ普及率もあがってきたように思います。私も知ったのはここ半年ぐらいです。都市部などでは、もっと普及が早かったのでしょうか。

うたスキには、カラオケと連動した色々な機能があります。

便利なのが、履歴機能とマイうたです。
これは自分が歌った曲の履歴が残る機能と、自分だけの歌本を作るという機能です。かなり便利。

他にも、mixiのマイミクやコミュニティみたいな機能もあります。


その中で一番面白いのが、全国採点機能です。
まぁただの採点なのですが、面白いのがリアルタイムで自分の順位がわかることです。
歌ってる最中に「現在○○位以内。○○位の人は誰で○○点です。」というような表示が出るのです。
これは、ちょっと燃えます。

取った点数は、PCサイトにログインすることで、見れます。
誰が歌ってるのか、平均は何点ぐらいなのか、他にどういう曲が歌われるのか、気になるものが色々わかります。
もちろんカラオケ中も、キョクNAVIを使えばわかります。


さらに、曲のリクエストなども出来ます。
これは前からある機能だと思いますが、曲のリクエストのエントリー自体はどんな曲でもできます。
流れとしては、
1.自分の好きな曲で入ってない曲をエントリーする。
2.それについて、入曲可能かチェックし、交渉する。
3.リクエスト表に載る。
4.毎月上位200曲が配信
という形です。
例えば、最近流行のニコニコ動画で気になる曲があったりすれば、ここにエントリーすることも可能です。
初音ミク関連などは調べて見ると、結構入曲交渉中だったりします。
個人的には、思い出は億千万という曲が入って欲しいですが、現在交渉中のようで。


他にも色々細かい機能がたくさんあるのですが、面白いと思った点はこんな感じです。
このカラオケを楽しくするための、たくさんの細かい機能が良いと思います。
今まではDAMを使うことが多かったですが、最近はちょっとJOYにはまってます。

みなさんもぜひ試してみてください。

ただ、お店によっては機械が無かったりするかもしれません。


↓参考サイト

うたスキ・カラオケ・ポケメロ|JOYSOUND.com
http://joysound.com/ex/index.htm

JOYSOUND - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/JOYSOUND
posted by kafuca at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

「いじめをしませんバッジ」は本当に効果が無いのか?

気になる記事を見かけました。


痛いニュース(ノ∀`):「いじめをしません」バッジで宣言…いじめ被害者、目撃者はバッジ外してSOS
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1092099.html


痛いニュースでは、否定的な意見が多く載せられています。
私自身としても、これが大きく影響するとは思えませんが、全く効果が無いとも思えません。


このニュースが新聞やPTAなどを通して、周囲から学校や生徒への目線が変わってくると、子どもは必ず変わってきます。

このニュースで重要なのは、子どもがいかに変わるかではなくて、周りの大人がいかに変わるかだと思います。


この学校周辺の住民の評価や視線は、ニュースや、実際にバッジを目にすることで変わります。
また、バッジという形のあるものを作った影響は、精神論などよりもよっぽど心に響きます。
形を残す、というのは、生徒だけでなく、何より先生や職員に効くでしょう。


スタンフォード監獄実験というものをご存知でしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93

詳細はwikipediaを参照してください。
結論だけいうと、普通の人は肩書きにあうように行動が変わっていく、ということです。

この実験は、あまりいい例ではないかもしれませんが、人が与えられた役割などに合わせて変わっていくというのは珍しいことではありません。
周囲の「いじめ問題に取り組んでるんだ」という期待が、学校や生徒、先生を変えていくこともあります。


目に見えるというものも効果的です。
みなさんも、字だけの広告より、写真がちょっとでも載っている方がインパクトは大きいでしょう。


実際にどれほどの効果が出るかは全くわかりません。
でも、何もしないよりはよっぽど評価できると思います。
課題は、このバッジが新たないじめを誘発して、せっかくの試みがマイナスに働いてしまわないようにすることだと思います。
posted by kafuca at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

オリコンのデイリーランキングを調べてみた

今日(2月3日のランキング)のオリコンのデイリーランキングの1位は、

そばにいるね/青山テルマ feat.SoulJa
http://www.oricon.co.jp/music/release/d/746608/1/
でした。
公式サイトによると、青山テルマさんは、トリニダード・トバゴ人と日本人のクォーターのクォーターで、10歳からゴスペルを始めたとのこと。
現在は大学生で、繊細でパワフルな声質が特徴的です。


2位は、
出会いのかけら/ケツメイシ
http://www.oricon.co.jp/music/release/d/748310/1/
でした。
ケツメイシは、1993年に結成された男性グループ、1996年ごろに今のメンバーになりました。
ケツメイシの語源は、中国ので下剤などに使われている薬草の「ケツメイシ」だそうです。"全てを出しつくす"という意味と、"見えない神秘的な"の意味があるとのこと。


3位は、
オーダーメイド/RADWIMPS
http://www.oricon.co.jp/music/release/d/745445/1/
でした。
RADWIMPSは、2001年に結成されたロックバンドです。変わった名前ですが、いかすなどの意味を持つRADと、弱虫などの意味を持つWIMPを合わせて、かっこいい弱虫、見事な意気地なし、マジスゲーびびり野郎、という意味をもたせたそうです。


4位は、
吾亦紅/すぎもとまさと
http://www.oricon.co.jp/music/release/d/694738/1/
でした。
吾亦紅は、2006年に出されたアルバムの中の1曲で、シングルカットされたのが去年の2月となります。シングルで出版されて、もう1年が経ちますが、オリコンにランクインしてます。


5位は、
snow tears/中川翔子
http://www.oricon.co.jp/music/release/d/746746/1/
でした。
中川翔子さんは、しょこたんの愛称で親しまれていて、歌手だけではなく、ブログや絵が上手いことなどでも有名です。また、いわゆるオタク的な知識も深く、ゲームや漫画にも非常に詳しいタレントです。



とりあえず、上位5位を簡単に調べてみました。
テレビを見てないと、オリコンにのる曲すらわからなくなっちゃうのかぁと思いました。
posted by kafuca at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

冷え性

ブログを書くのが久しぶりです。それでも気にしません。


最近寒くなってきました。
私は寒がりなので、寒くならないようにするにはどうすればよいのだろうと検索してみたら、偶然こんなページを見つけました。

セキスイハイム あったかハイム“冷え性”プチ・サイエンス
http://72.14.235.104/search?q=cache:AdGXuODatS0J:www.attaka816.com/c03/science/03_science01_01.html+%E5%86%B7%E3%81%88%E6%80%A7%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%80%81%E4%BD%93%E6%84%9F%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%B7%AE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%EF%BC%9F&hl=ja&ct=clnk&cd=2


このページによると、冷え性の人は、体感温度に5度から8度の差があるそうです。
とすると、今私が住んでるところの気温は7度だそうですが、冷え性の人からすると体感温度は0度ぐらいなのでしょうか。
もうすでに真冬ですね。

原因としては、筋肉の量が少ないことなどにより、血流が弱くなり、末端の方まで血液がまわらない事が一般的な理由とのこと。


というわけで、対策を検索しましたところ、以下のサイトが見つかりました。

カッパのカッパ巻き 冷え対策!
http://plaza.rakuten.co.jp/iddmkappamaki/diary/?act=reswrite&res_wid=200711132244126337&d_date=2007-11-12&d_seq=0&theme_id=32046

このページによると、大きい筋肉を暖めることと、首から脇を暖めることがよいらしい、とあります。
それっぽいですね。

色々なサイトを眺めましたが、手や足が冷たいからと言ってそこを暖めると効果がある、というような記述はありませんでした。
きっと足とか手だけだと体全体に対する体積の割合が小さいので、効果が少ないのでしょうね。

以下、参考にしました。

カッパのカッパ巻き 冷え対策!
http://plaza.rakuten.co.jp/iddmkappamaki/diary/?act=reswrite&res_wid=200711132244126337&d_date=2007-11-12&d_seq=0&theme_id=32046

カラダ豆知識
http://kyns.co.jp/style/tips/tips06.html

冷え性対策
http://okigaru.jugem.jp/

冷え性を改善する対策
http://diet.netabon.com/bodycare/bodycarenayami/hie.html

セキスイハイム あったかハイム“冷え性”プチ・サイエンス
http://72.14.235.104/search?q=cache:WJwLrLHBls4J:www.attaka816.com/c03/science/index.html+%E4%BD%93%E6%84%9F%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E3%80%80%E6%89%8B%E3%81%AE%E5%B9%B3&hl=ja&ct=clnk&cd=2


ちなみに、あのWikipediaには「冷え性」の項目がありませんでした。
冷え性はそんなに珍しいものでも無いのにWikipediaに無いのは意外でした。
これには、男性に冷え性が少ないことと少なからず関係しているように思いました。
posted by kafuca at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

危ないのはストレージだけじゃない、という妄想

26日に話題になった、以下の記事について。

音楽保存サービス:ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070526k0000m040090000c.html

について、思うところがあったので書きたいと思います。
記事の判決の部分だけを読むと、ストレージ以外にも今後どんどん引っかかるのではないかと思いました。

私は、法律に詳しくないので、以下のブログを参考にさせていただきました。

ナガブロ: ストレージの利用がなぜ著作権侵害なのか
http://nagablo.seesaa.net/article/42935209.html

上記のブログを拝見させていただくと、業者の管理の元で利益のために著作物を使うと侵害、と書いてあります。

これをちょっと拡大解釈すると、掲示板に書かれた詞ですら「検索出来るから侵害だっ」とかまでなってしまうような気がします。
「掲示板は、文章のストレージだ」みたいな。

それは引用の範囲を超えたらもちろん侵害だと思いますが、その場合の責任がサーバの管理者にいってしまうのが問題だと思います。

ブログで詞っていうジャンルを作っちゃったりとか、ソーシャルブックマークで詞っていうタグをつけちゃったりすると、管理の一部とみなされるような気がします。

ストレージでユーザーが、著作物も著作物じゃないものも自由にアップロードして管理するのがダメだとすると、ブログとか掲示板に勝手に詞とかフレーズを書き込むのもダメなような気がします。

一つ一つは引用でも、多人数で書き込んだら、量が多くなるから、どうのこうのとなりかねないのではないでしょうか。

そうすると、今回は画像でわかりやすいけれど、詞とか小説とかも著作物に含まれる上、引用の範囲もとても曖昧な現在は、掲示板の運営すら命がけです。

もしかしたら今後、手持ちのパソコンに著作物が入ってるなら、それをインターネットに接続するだけで侵害、とかになってしまうんじゃないでしょうか。
セキュリティが甘いだけで、不特定多数のものがアクセスできる可能性がある、とか。

そのうち、音楽聴いてるだけで、音漏れは不特定多数への送信だっ、とか。

と、妄想を膨らませてみましたが、上のようなことまではおこらないと思います。


で、ここまで書いてストレージの何が悪いのかは、結局わかりません。
上のような事が絶対に起こらないと誰かに証明していただかないと、音楽もネットも楽しめそうにないですね。
posted by kafuca at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

CD市場の低迷の要因

先日見た記事でこんなようなのがありました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/06/news089.html
「ダラダラ長いからCD売れない」――丸山茂雄“47秒・着うた専用曲”の必要性を語る

中々興味深い記事なので、興味のある方は是非読んでみてください。


この記事の中で、

CD市場が低迷を続けているのは、曲が長すぎることが原因の1つだと、丸山氏は分析する。

と、CD市場について分析がなされていますが、これは正解ではないと思います。


若い人は着うたで充分、サビしか覚えていない、との考察がありますが、それは単に歌の使い道が違うだけだと思います。
いくら着うたが浸透してきても、サビだけの着うたを繰り返し聴くというのは、歌のメインの使い方では無いかと思います。

最近は、IpodなどのMP3プレーヤーの普及で、昔よりも格段に音楽に触れていられる時間が伸びました。そして、聴く曲も自分で選んでカスタマイズ出来るようになりました。
私は、これがCD市場の低迷の理由だと考えます。

長い時間触れている音楽を自分の本当に聴きたいものだけ聴く、というのが今いる若い人達に多い思考ではないでしょうか?
最新の曲を何種類も聴くよりも、自分の好きな歌手の歌を聴く。それも新しい曲も聴くには聴きますが、古い曲でも自分の好きな曲を繰り返し聴く。そっちに満足を覚える方が多いと思います。

最近は、良い曲が無いだとか、昔の方が良かったという意見を良く聴きますが、それは当然だと思います。
今よりも、昔の方が断然に期間が長いわけですから。

じっくり聴くなら、新しい曲に興味があっても、自分の知ってる自分に合う曲を選ぶ、そしてそれはもう自分で持っている、そういうパターンが増えているのではないでしょうか?


また、着うたの使い道としては、自分で「聴く」というよりは、「知る」に近いのではないでしょうか?
もしくは、友人との情報交換、「ねぇ、この曲知ってる?」「良い曲だよ」そんなコミュニケーションのツールの一つが着うただと思います。
CDは聴く、集めるものですが、着うたはコミュニケーションのツールだと思います。

CDも、着うたも、着うたフルも、音楽配信も、それぞれが補完し合える可能性を秘めています。
それぞれもっと連携しあえば、市場はもっと活性化するのではないでしょうか。
posted by kafuca at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。