「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2008年02月28日

Schemeに挑戦番外編 計算機プログラムの構造と解釈

Schemeに挑戦して、早2週間。
こちらのページを参考にしてやってきました。
http://www.shido.info/lisp/idx_scm.html

でも、高階位関数の部分で、もう何がなんだかわからなくなってしまいました。
ということで、本が欲しいと思ったので、ところどころで話題になる「計算機プログラムの構造と解釈」を購入しました。
たまたま近くの本屋で売っていたので、ちょっと高かった(4600円+税)ですが、即購入しました。中も開けずに。


家に帰って空けてみたら、思った以上に字がびっしりでビックリしました。
眺めてるだけで頭がよくなりそうです。

文章は、英文を直訳した感じで非常に難解です。
最近の小説とかに慣れてしまっていると、序文で挫折しかねません。


でも、例えや表現がとてもわかりやすい。
まだ10ページぐらいしか読んでませんが、木構造の図とかまさに入門用の表現だと思いました。

日本語が難解だし、図は少ないし、字はビッシリですが、思った以上にわかりやすくてビックリしました。


字がびっしりで、300ページちょいぐらいあるので、私のペースだとちょっとかかりそうですが、頑張って読みきろうと思います。


Wikipediaの解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%88%E7%AE%97%E6%A9%9F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%81%A8%E8%A7%A3%E9%87%88


英語版は、このページで全文読めるっぽいです。
http://mitpress.mit.edu/sicp/


日本語版の正誤表など
http://sicp.ipl.t.u-tokyo.ac.jp/

ひげぽんさんの、読み終えた感想
http://d.hatena.ne.jp/higepon/20061027/1161960363



posted by kafuca at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。