「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2007年06月20日

カラマーゾフの兄弟

今日やっと「カラマーゾフの兄弟」を読み終わりました。
読みきるまでに、2ヶ月かかりました。結構、遅いペースですね。


19世紀後半?のロシアの田舎町での家族のお話です。
約1900ページぐらいあって、色々な話があるので、うまくまとめられませんが、かなり読み応えのある作品でした。

私が買ったのは、上中下の3巻からなる文庫本を買ったのですが、上巻がとても読みにくく、つまらなかったです。
読む人が読めば上巻から完璧な作品だろうと思うのですが、この手の小説はあまり読まないので、慣れていないというのもあるかもしれません。
ですが、中巻の中盤あたりから、ラストにかけては、これぞ名作というほどの、素晴らしい流れでした。

思想や哲学、宗教的な部分が多いので、最近のミステリーや推理小説などを主に読んでいる方はとっつきにくいと思いますが、読書好きにはおすすめの一冊といえるでしょう。








【本の最新記事】
posted by kafuca at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45413492

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。