「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2007年05月27日

危ないのはストレージだけじゃない、という妄想

26日に話題になった、以下の記事について。

音楽保存サービス:ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070526k0000m040090000c.html

について、思うところがあったので書きたいと思います。
記事の判決の部分だけを読むと、ストレージ以外にも今後どんどん引っかかるのではないかと思いました。

私は、法律に詳しくないので、以下のブログを参考にさせていただきました。

ナガブロ: ストレージの利用がなぜ著作権侵害なのか
http://nagablo.seesaa.net/article/42935209.html

上記のブログを拝見させていただくと、業者の管理の元で利益のために著作物を使うと侵害、と書いてあります。

これをちょっと拡大解釈すると、掲示板に書かれた詞ですら「検索出来るから侵害だっ」とかまでなってしまうような気がします。
「掲示板は、文章のストレージだ」みたいな。

それは引用の範囲を超えたらもちろん侵害だと思いますが、その場合の責任がサーバの管理者にいってしまうのが問題だと思います。

ブログで詞っていうジャンルを作っちゃったりとか、ソーシャルブックマークで詞っていうタグをつけちゃったりすると、管理の一部とみなされるような気がします。

ストレージでユーザーが、著作物も著作物じゃないものも自由にアップロードして管理するのがダメだとすると、ブログとか掲示板に勝手に詞とかフレーズを書き込むのもダメなような気がします。

一つ一つは引用でも、多人数で書き込んだら、量が多くなるから、どうのこうのとなりかねないのではないでしょうか。

そうすると、今回は画像でわかりやすいけれど、詞とか小説とかも著作物に含まれる上、引用の範囲もとても曖昧な現在は、掲示板の運営すら命がけです。

もしかしたら今後、手持ちのパソコンに著作物が入ってるなら、それをインターネットに接続するだけで侵害、とかになってしまうんじゃないでしょうか。
セキュリティが甘いだけで、不特定多数のものがアクセスできる可能性がある、とか。

そのうち、音楽聴いてるだけで、音漏れは不特定多数への送信だっ、とか。

と、妄想を膨らませてみましたが、上のようなことまではおこらないと思います。


で、ここまで書いてストレージの何が悪いのかは、結局わかりません。
上のような事が絶対に起こらないと誰かに証明していただかないと、音楽もネットも楽しめそうにないですね。
posted by kafuca at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42995568

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。