「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2014年04月20日

少額決済サービスが流行りそうだけど

こんにちは。

ちょっと古い話題になりますが、電子マネー『ビットコイン』の取り引き所『マウントゴックス』が民事再生法の適用を申請しました。 僕はこのニュースが、日本において、かなり重要な役目を果たしたんじゃないかなぁと思います。

なぜかというと、 オークションなどの個人間取り引き、同人活動に置ける個人間取り引き、など、個人間取り引きが活発。

かつ、 日本ではこれだけインターネットが普及していて、ネット通販も、いわゆる『課金』を始めとする有料サービスもこれだけ普及してるにも関わらず、主な決済が現金、もしくはカードが主体だから。

これだけ、金額が小さくなりがちな個人間取り引きが存在し、課金ゲームなどに対する少額決済への抵抗も少なくなっているのに、個人間で使える少額決済サービスはあまり流行ってませんでした。

僕は、それは『少額決済サービスの知名度が低かったから』、だと思います。 マウントゴックスのニュースは、その知名度アップにとても貢献したと思います。

悪いニュースであったため、ビットコイン自体への評判は悪くなったと思いますが、電子マネーを利用した少額決済の個人間取り引きが存在するというのは広く日本に伝わったと思います。

少額決済サービスのように、利用者数が重要なサービスはまず裾野を広げないといけません。

電子マネーサービスでは、PayPalとかヤフーウォレットが利用者数を伸ばしそうな気がしますし、個人間少額決済についてはニコニコ奨励金システムや最近始まったnoteLINE Creators Marketがいい線を言ってると思います。
僕としては、どんどんこういうサービスを利用する人が増えていくべきだと思います。

が、 心配なのは、スパムやなりすましの問題ですね。
まだ黎明期なため、絶対的な利用者数は多くない。 こういう時期は、個人よりも業者の方が強いです。

せっかく新しい空気が生まれそうなので、変なものに潰されないようにしたいですね。
posted by kafuca at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。