「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2007年02月26日

10にまとめたパソコンの修理の出し方

私は、とある家電販売店で修理の受付のバイトをしているのですが、修理について知らない方が多いのでちょっとまとめてみようと思います。


1、壊れたと思ったら、まずバックアップをしましょう
2、周辺機器を取り外しましょう
3、リカバリしよう
4、保証書、レシートを用意しよう
5、修理に出そう
6、修理に申し込もう
7、修理中にすること
8、修理完
9、修理後了、受け取り
10、諸注意


1、壊れたと思ったら、まずバックアップをしましょう
第一にデータについて考えましょう。
修理の内容にもよりますが、中に入ってるデータの保障はしてくれないのが普通です。
日頃から大切なデータはバックアップしといた方がいいでしょう。
また、データの復旧は簡単に出来る場合もありますが、基本的には出来ないと考えておいた方がいいです。


2、周辺機器を取り外しましょう
パソコンに繋がっている機器が壊れていて、パソコン本体が壊れていると間違えてしまうこともよくあります。
プリンタやUSB関係の機器など、いつも付けっぱなしになっているものを外してみると直ってしまうこともあります。
ノートパソコンの場合は、バッテリが壊れていると全く起動しないこともあるので、外してみてください。
メモリを増設している場合は、メモリを外してみるのもいいと思います。


3、リカバリしよう
壊れたと感じるものも3割ぐらいは、これで症状が改善します。
ブルーバック(青いエラーの画面)や起動しない症状、HDエラーまでも直ってしまうこともあります。
最近はHDリカバリが多いですが、買った時についていたCDやDVDを使うことも多いので、マニュアルとCD・DVDは大切に保管しておきましょう。
実際にする場合はマニュアルを見ながら進めましょう。再インストールやお買い上げ時の状態に戻す、という部分がそうです。マックだと、リストアの部分です。
リカバリをするとデータが危ないので、やはりデータのバックアップは必須といえます。


4、保証書、レシートを用意しよう
ここまでやって症状が改善しないと、修理に出すことになります。
パソコンの場合は平均的に1年間のメーカー保証がついています。ですが、これはレシートなどの購入履歴の確認が出来ることが大前提なので、レシートと保証書は無くさないようにしましょう。
ただ、落として壊してしまったなどの破損や、水をこぼした水濡れなどは、基本的にメーカー保証では対応してくれないので、そういった場合は「通常に使用していたっ」でごり押しするしかないかもしれません(推奨しません)
1年過ぎていても、買う時に販売店による延長保証などに入っていれば、その期間は保証が効くこともあります。


5、修理に出そう
修理に出す方法は大きく2つあります。
一つはメーカーに直接出す方法。もう一つが販売店を経由する方法です。

メーカーに直接出す場合はマニュアルや保証書などに記載されている電話番号から申し込むか、メーカーホームページから申し込むか、営業所などに直接持ち込む方法などがあります。
その方法は様々なので、最初はメーカーの窓口に問い合わせてみるといいと思います。

販売店経由の場合は、壊れたパソコンを持って持ち込むのが一般的になると思います。
この場合も持ち込む前に電話で確認してみるといいと思います。

メーカーや販売店によっては、引き取りや出張サービスをしているところもあるので、確認してみるといいと思います。


6、修理に申し込もう
修理に申し込むのに必要なものはいくつかあります。
・名前
・住所
・電話番号
は必須といえます。その他にも、
・故障内容
・発生環境、状況
・改善のために試みたこと
などの現在の状況。他に、
・メーカー
・機種
・付属品
を聞かれます。
あとは、返却の方法や連絡の方法などの説明をしてくれます。
修理中に連絡を取りたいこともあるので、いつでも繋がる電話番号が必要です。出ないと、修理が出来ないこともあります。
そして、データについての説明を受けると思います。メーカーなどによって微妙に異なるかもしれませんが、データに関しては保障できない旨を通知されると思うので、消えるのが嫌な人はメーカーの修理窓口と直接交渉する形になると思います。

一通りの説明を受けたら、遂に自分の手を離れます。


7、修理中にすること
特にすることはありませんが、稀にメーカーから、修理に関する問い合わせを受けることがあります。
例えば、貼ってあるシールを剥がしてもいいかどうか、中身を消してもいいかどうか、配送の住所はあってるか、部品が無いので修理が遅れる、もしくは出来ない、など色々あります。
なので、着信拒否などの設定をしている人は、番号を聞いて解除しておいたほうがいいでしょう。

また、修理期間は、早くて2週間前後、遅いと2ヶ月近く、平均して3週間程度です。


8、修理完了、受け取り
保証が効いた場合は、修理完了後は受け取るだけです。それが配送だったり、受け取りにいくだけだったりしますが、受け取って終了です。
有償の修理の場合は、支払いが発生します。部品代、技術料、手数料などが取られます。ノートパソコンの場合は、修理代が高額になる傾向があります。液晶破損、キーボード破損などは数万円を覚悟しておいたほうがいいでしょう。


9、修理後
修理後は、まず動作チェックをしましょう。修理に出した部分が直っているかどうか、他の部分が壊れていないか、汚れが増えていたりしないか、付属品は全部あるかどうかなどです。
修理に出したのに直っていないケースも稀にあります。そういった場合などは、修理完了後に2週間から3ヶ月(メーカーによる)の間で修理後のケアが受けられます。
その際は面倒だけども、また修理に出すことになります。
ですが、期間を過ぎてしまうと直っていなかったとしてもケアが受けられないので、動作確認はちゃんとしておきましょう。


10、諸注意
修理に出すにあたり色々な人と話をしたりします。この際に、その担当した人の名前を覚えておきましょう。
名前を覚えておくと何かトラブルがあった時の対処も早くなりますし、結果的に手間が減ります。

また、買ってすぐ壊れたパソコンは故障ではなくて、初期不良に該当する場合があります。この場合は、修理じゃなくて交換などになる場合があるので、レシートと箱などを含む付属品一式はしばらくは保管しておきましょう。

データについては、どうしようもなくなる場合があります。
日頃から、バックアップを取っておきましょう。



以上、ちょっと長くなりましたが、皆様の参考になれば幸いです。
大体のことはあってるかもしれませんが、細かいところはメーカー窓口や販売店まで問い合わせてください。
posted by kafuca at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。