「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2007年02月18日

プログラマーが労働者になるには

今回の記事は、

プログラマーって本当に労働者なのか?
http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/50766218

X=労働者ならこれは正しいし、プログラマー⊂労働者なら元の文も正しい事になるけど、プログラマー⊂労働者って本当なのだろうか


というKogaiさんの記事について、少し関係があります。


プログラマーが他の職業よりも芸術的・創造的な要素が大きいのは、他の職業に比べて、その環境が未発達だからではないでしょうか?

プログラマーの置かれている環境が未発達なため、能力が低いプログラマーは自分の能力にあったものしか作れず、能力の高いプログラマーとの差がついてしまいます。

もし、もっと高度な環境が提供されればどうでしょうか?
フレームワークが洗練されれば、少ない手順で、間違いも少なく、もっとよいプログラムが書けるのではないかと思います。
いずれは、自動車などと同じ様に、ほとんどが自動化されるのではないでしょうか。今の状態もアセンブリを使ってプログラムしていた頃と比べれれば、ほとんど自動化された状態です。

プログラマーの置かれている状況がより発展すれば、いずれは他の労働者と同じ様に評価され、報酬をもらうという、ごくごく一般的な労働者と同じ状況になると思います。
もしかしたら、その頃にはプログラマーではなく、もっと別な名前の職業になっているかもしれません。
posted by kafuca at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34065000

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。