「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2012年05月26日

結婚したので色々な備忘録5

ドレス合わせについては、僕は同伴しなかったので詳細はよくわかりません。それがいいのか悪いのかわかりませんが、僕は「行けばよかった!」とは思ってません。

ドレス合わせは、ウエディングドレスを最初に決めて、その後にカラードレスを決める感じでした。(うろ覚え)
彼女の着たいドレスのイメージとか、彼女の母親が彼女に着せたいドレスのイメージとかが最初から結構固まってたようで、どっちのドレスも一日で決めてきました。
ドレスに関しては全く口を出してなかったのでよくわかりません。

ちなみに僕のタキシードの衣装合わせはドレスが決まってからなので、ここからだいぶ後になりました。


衣装に関してですが、彼女は以前から白無垢を着たいと言っていました。
せっかくなので着る機会を作るとして、いつ着るのかという点で少し問題がありました。

僕たちは式の形式についてはこだわりがありませんでした。キリスト教式でも神前式でも人前式でもどれでもいいねという話をしてました。但し、キリスト教式の外国人神父の片言の日本語だけはやめようと決めておきました。

白無垢をみんなに見せたいのなら当日着るというパターンですが、ここに問題がありました。

式の方で着るとしたら、もちろん神前式になりますが、その場合、日本式の神殿が式場になります。この神殿があまり大きくない会場で、招待した人全員が式に参列するのは難しいと言われました。僕たちはせっかく呼ぶからには式にも参列してほしいと思っていたので、この時点で神前式の結婚式は案から消えました。

次に披露宴で着るパターンですが、それだとお色直し後という事になります。そうすると、着物なので着付けに非常に時間がかかるという問題が出てきます。
入場してすぐお色直し退場でしばらく会場に戻ってこれないという事になると、みんなと話をする時間も短くなり、写真を撮る時間も無くなりと、寂しい事になります。

という事情から、当日に白無垢を着るのは諦め、前撮りにて白無垢を着ようということになりました。
posted by kafuca at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271963111

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。