「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2011年01月18日

「ブログのチェーン化」という発想

ブログが一般的なものになってから、しばらく経ちました。

誰でもブログを始められるし、ブログというものを知らない人もいない。
一部の人はそれを生業にもしています。

ですが、ブログを1つの産業として捉えると、まだまだ未発達なものではないでしょうか。

今のブログは、「玉石混交」の字のごとし、マスメディアに勝る情報を発信するものから、他のサイトの記事を丸パクリするようなものまで、様々なものがあります。

このように、ゴチャゴチャしてるような業界に、「チェーン化」という発想を持ちこむとそこそこ面白い結果を残すんじゃないかなと思います。


「チェーン化」という言葉にどういうイメージを持つかは人それぞれですが、いいイメージを持つ人は少ないんじゃないかなと思います。
しかし、需要と供給がとても大きく、人手も掛かってしまう場合、チェーン化というのは非常に有効な手段です。

問題は、ブログという今までとは質が違う産業に、チェーン化という発想を取り込めるかという点です。
僕は、それは充分に可能であると思ってますし、今後数年のうちにそういう発想を取り込んだブログが出て来ると考えてます。

その根拠を話すと長くなるので、今回は「記事の生産」という点について、書きます。


現在のブログは、いわゆるアルファブロガーと呼ばれる人たちで、ブログのアクセスや収入を独占しているような状況だと思います。
これは、数少ない職人さんたちにお客さんたちが群がってる状態です。
ここにあとからきた普通の人たちが、「ブログで一旗あげる!」と参戦してきても、まず質の面で勝てないでしょう。

そこで、チェーン化として目指すのが「職人の記事に質は勝てないけど、そこそこの質の記事を量産する」という部分ですす。

どうやって「そこそこの記事の量産」を目指すかというと、第一に効率化です。


まず、記事生産のプロセスを分解し、無駄な部分を省きます。
例えば、
ブログのネタを探す
   ↓
ネタについて調べる
   ↓
記事を書く
   ↓
コメントやアクセス解析などの分析
   ↓
次のネタを探す

というプロセスで記事を書くと決めたら、それ以外のプロセスを一切省きます。
この例でいうと、メールを確認したりだとか、記事を書く前のコメントの
確認とかはしないという形で、無駄を省きます。

さらに、それぞれの段階について、時間まで指定することで、「一定の時間で一定の記事を仕上げる」事を可能にします。

この段階で重要な事は、「職人並のレベルを目指さない」「一定以上の時間をかけない」という点です。

この事による主な利点は、
・同じプロセスを辿る事で、記事の質が一定になる
・時間を一定にする事で、計画がたてやすい
の二点です。


知的生産の世界にいると、こういう視点は目に付きにくく、また、効果が疑問視されがちです。

でも、この二点を考えるだけで、意外なほど生産性は変わってきます。



なんか、まとまらなくなってきた上に、誰が読むのかよくわからなくなってきたので、この辺で。
posted by kafuca at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181316414

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。