「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2008年07月13日

ネットでは、なぜ愛国心が芽生えるか

インターネット上では、愛国心を持ちやすいと思います。
愛国心を感じる人が少ないと言われる日本人ですら、インターネット上では日本が好きだという人を簡単に見つける事ができます。
また、その他の国で考えてみても、自分の国が好きだという人は結構な数がいるのではないでしょうか。

それはなぜか、いくつか理由は考えられますが、その一つが、インターネット上では自分の拠り所とするものアインデンティティとするものが少ない、からではないでしょうか。
少し検索すれば、他の国のホームページを閲覧でき、自分と関係の無い情報にも大量に触れることができます。
そういう情報過多で実体の掴みにくい環境では、現実世界のように、自分の立ち位置をはっきりさせるのが非常に難しいです。
そのため、拠り所とするものが、趣味や動画などによるコミュニティによって、自分の発言などから、自分の位置を決めていくものなのだと思います。
この拠り所の一つが、愛国心なのではないでしょうか。

つまり、インターネット上の愛国心というのは、一つのコミュニティなのだと思います。
mixiのように馴れ合いも必要なく、ニコニコ動画のように動画に時間をかけることなく、自分の国が好きだ、というだけで自分の個性を主張でき、かつ仲間も多い。
こんな手軽なコミュニティは、なかなかありません。

はてななどでは、モテや非モテという言葉がありますが、それに近いものだと思います。

posted by kafuca at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102805413

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。