「サマーウォーズ」はこちら

Powered by Ayapon RSS! オススメ アフィリエイト テレビ オークション

2010年07月29日

ビジネスネタを図にしたもの3つ

・オフ会専門SNS
ohukai.PNG
出会い系っぽくなってしまいそうです。
でも、男女の出会いどころか、新しい友達との出会も少なくなりがちな社会人が気軽に参加出来るオフ会とかあったら、面白いと思うんです。


・ここをこうリニューアルしたい
rinu.PNG
トゥギャッターを一つの項目だけに特化させたようなイメージ?
会社とのタイアップもしやすそうな気がするので、意外とユーザーは増えそう。
でも、最初に荒れまくりそうな気がする。


・人が人を評価する
hitogahito.PNG
みんな一度ぐらいは、赤ペン先生になりたかったり、人事部になりたかったり、通知表をつけたいと思った事があるはず。
日本人って他人の評価を気にする傾向が多いので上手くやればおもしろそうだけど、人間関係のドロドロとかが出てきそうでこわい。


どれも一発ネタですねっ
posted by kafuca at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今まで出た起業ネタまとめ

僕が個人的に考えたアイディア
・人が人を評価する
評価する側がお金を払って、他の人を評価する

・ここをこうリニューアルしたい
Webサイトとか、商品とか、サービスとかについて、改善点だけをあげるサイト

・今知りたいものを教える
検索ランキングや日記ランキング、ツイッターやテレビ欄、カレンダーなどで、今流行ってる言葉を教える

・オフ会専門SNS
名前の通り

・タグによる色んなものの管理
タグのタグによるタグしかない検索エンジン的なもの

・自宅在庫
自分ちにあるいらないものを定価の半額程度で登録して売る

・献立考える
毎日の献立を考えてくれる

・カレンダーマーケット
今日は何の日、何が旬、何があるよを教える


どれもこれも出しただけで、何も掘り下げてないです。
posted by kafuca at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

『BLANKBOARD』っていうサイトに入り浸ってた事があるんですけど

以前、何年か前にインターネット遊園地とかいう『BLANKBOARD』っていうサイトに入り浸ってました。

BLANK BOARD[いんたーねっと遊園地]



今はもう完全な廃墟と化してますが、全盛期は結構賑わってたと思います。

僕はそこで『快』とか名乗ってた糞生意気なガキだったわけですが、そこで何人かの人達と知り合いました。

そして、何人かの人を誘って『詩うテキスト』っていう、よくありがちなテキストサイトを作ったんです。

それを作ったのが、BLANKBOARDから知り合った人たちが離れていくようなタイミングだったので、あまり大きなサイトにはなりませんでしたが、何本か詩とかの投稿を受けました。

で、まだ当時のデータが残ってるので、もしその詩を投稿してくれた人がこのページを見てくれて、なおかつ当時を懐かしみたいのであれば、そのデータを渡したいので、ぜひご一報頂ければと思います。

名前が、
有愛、秋桜、ichiya、らりってぃ、藍衣、神、蝶、グラティテュード、黒風銀河、庵、まこっちゃ
の12名の方です。

もう丸6年経つので、色々時効だとも思うのです。
なので、この辺の方、もし若い時の自分が何を書いたのか思い出したければ、ぜひご連絡ください。
僕も、どこでどうやってどういう風にこんな展開になったのかは、あまり覚えていません。

ちなみに、僕も当時を思い出すと、枕に顔をうずめて足をバタバタさせたくなりますが、もういいじゃないか!という感じです。

ではでは。
この広いインターネットの世界で、幸運にも12人の方から連絡を頂けることを願ってます。


追記
残ってるのは12人分だけかと思ってましたが、投稿掲示板の方のログも残ってました。多分、投稿してもらった分、全てあると思います。
この12人の方以外にも掲示板に投稿された覚えのある方、是非ご一報をお願いします。


2004年ぐらい
サイト名:詩うテキスト うたてき って一部で呼んでた
多分、BLANKBOARDのチャットとかに入り浸ってた、当時10代が中心だと思う
今は、20歳前後?
淡いオレンジっぽい色のサイト。
posted by kafuca at 05:34 | Comment(41) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

利用者9万人!『小説家になろう』で小説家になろう!

オンライン小説・携帯小説の投稿サイト『小説家になろう』は、本好き、小説好き、読書好きの人が楽しめる小説投稿サイトです。

小説家になろう
http://syosetu.com/


小説の投稿に特化した独自のシステムで、パソコンでも携帯でも快適に小説が楽しめます。
現在の時点で、小説の掲載数は76000作以上、利用者数も9万人を越える日本最大級の小説サイトです。
オリジナル作品の他にも、二次創作のものも多くあります。
傾向としては、本格小説よりもライトノベル的なものが多いと思います。
小説家になろう_1280152313765.png

『小説家になろう』は、「書く側の楽しみ」「読む側の楽しみ」、どちらも味わう事ができます。


書く側の人は、ユーザー登録する事で、小説の投稿が出来ます。
ユーザーページは高機能で、小説の投稿には、執筆用のフォームやルビ振り用タグも用意されています。
短編も、何章にも及ぶ長編も投稿でき、小説一つ一つに簡単なアクセス解析機能も付いています。
レビューや感想も受けられるようになっており、読者の反応がわかりやすい構造になっています。


読む側の人は、ユーザー登録をしなくても、それなりに楽しめると思います。
トップページには、ランキングの他に、新着の短編と長編が表示されています。
また、姉妹サイトに『小説を読もう!』があります。

小説を読もう!
http://yomou.syosetu.com/


こちらでは、キーワードからジャンルを絞ったり、最新レビューやPickUpなどから、より魅力的な小説を探せるようになっています。
これだけでも充分に楽しめますが、ユーザー登録するともっと楽しめます。ユーザー登録は、『小説家になろう』『小説を読もう!』のどちらも共通です。
ユーザーページは、共通なので投稿のページもありますが、それ以外にも便利な機能があります。
しおり機能、お気に入り小説の管理、お気に入りユーザーの管理、レビュー機能、感想機能、評価機能、メッセージ機能などがあり、他のユーザーとの交流も図れます。

小説投稿には、投稿者名を変える機能もついているので、こっそり小説を投稿してみることだってできます。


小説を楽しむ事に特化した、『小説家になろう』『小説を読もう!』の2つのサイトは、どちらも無料で楽しめます。
本が好きな方、読書が好きな方、小説が好きな方、ぜひ利用してみてください。


僕のおすすめは、橙乃ままれさんの『ログ・ホライズン』です。

ログ・ホライズン


あの橙乃ままれさんは、まおゆうの作者でもあり、ログ・ホライズンも未完ながらとても読み応えのあるものとなっています。

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」まとめサイト


posted by kafuca at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

吹奏楽の夏の祭典『全日本吹奏楽コンクール』の季節になりました

7月に入り、海の日が過ぎて、夏休みに入ると、吹奏楽部員達の練習漬けの日々が始まります。

吹奏楽は、管楽器がメインになって演奏される音楽です。吹奏楽を演奏する人は、アマチュアの人が多く、プロの吹奏楽団は一般的にはかなりマイナーだと思います。
ですが、学校の部活動などにおいて、代表的な文化部の一つで、男女問わず経験者は結構な数がいます。全日本吹奏楽連盟に加盟している団体は、14000以上にもなります。

その吹奏楽団員にとって最大の大会というのが、この夏に行われる『全日本吹奏楽コンクール』です。
7月後半から、小中学校、高等学校の予選が行われ、秋に行われる全国大会を目指します。

演奏する曲は、毎年新しく作曲され選曲される「課題曲」と、参加する団体が自由に選べる「自由曲」の2曲です。
編成や演奏時間、人数などの規定に合わせて、演奏されます。
課題曲は少し前までは、偶数年がマーチ、奇数年がマーチ以外の曲、と決められていましたが、最近ではマーチとそれ以外の曲が混成して課題曲に選ばれています。

今年の課題曲は、全日本吹奏楽連盟で確認できます。郵便振替や代引きで、CDやスコアなどを買うことが出来ます。

全日本吹奏楽連盟の課題曲のページ

課題曲


視聴もありますので、ぜひ聴いてみてください。

コンクールは、全国大会ともなると入場券を買うのも大変ですが、県大会なら比較的買いやすく、値段もそれほどしないことが多いです。
日程と場所、料金はこちらで確認できます。

2010年度吹奏楽コンクール予選日程表



「支部」と書いてある部分が、いわゆる県大会の行われるところです。
大体、1000円から2000円ぐらいのところが多いです。

アマチュアの大会なので、演奏しているのは普通の一般の方、一般の学生さんたちです。
ですが、指揮者にプロの方を呼んでいる団体もありますし、一般部門の上位入賞の常連の団体は数十年も楽器を吹いてきたような方も多いので、とても素晴らしい演奏をしてくれます。もちろんそれに限らず、どの団体も素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

吹奏楽を聴いた事無い方は、コンクールの演奏を聴きに行ったことが無い方も多いと思いますが、一度ぐらいは行ってみてはいかがでしょうか?
10人ほどしかない小規模ながらも美しい演奏をするところや、50人以上でダイナミックな演奏をするところ、どれも聴きごたえがあります。
県大会が行われるのは、土日が多いので、時間があったら是非足を運んでみてください。
一般部門が参加している日なら、老若男女問わず、色んな人が見に来ていると思います。

僕もこの記事を書いていて、行きたくなってきたので、今年は久しぶりに行こうかなぁとも思っています。

参考:

社団法人 全日本吹奏楽連盟
http://www.ajba.or.jp/index.htm


全日本吹奏楽コンクール - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%90%B9%E5%A5%8F%E6%A5%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB


吹奏楽 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B9%E5%A5%8F%E6%A5%BD


THE WIND SYMPHONY
http://blog.goo.ne.jp/wo0628




posted by kafuca at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。